22歳のぼくの適正年収は600万円だった


スポンサードリンク

皆さんは給料に不満はありますか?

ぼくは不満だらけでした。

 

例えば、ミスったら2000万円以上の損失が出る案件が任されていたり、終電逃して働いてたのに時給は900円のままでした。

みなし残業つかなかったら12万円もらえるかもらえないかくらいです。

 

正社員と責任は全然変わらないのにどうして給料が低いんだろう?って感じていました。

 

自分の市場価値ってそんなに低いのでしょうか?

 

簡単に適切な市場価値を測る方法をあります。

それは「MIIDAS」というサービスです。

 

どんなサービスなのか?

のいいところはユーザー登録をしなくても自分の適正年収を診断することができます。

 

しかも、一度プロフィールや経歴を入力すれば、ユーザーにマッチした企業を面接確約でオファーしてくれるとのこと。

 

自分の適正年収に興味があったので、試しにやってみることにしました。

 

果たして、元時給900円の契約社員の適正年収はいくらなんでしょうか?

さっそく適正年収を診断

まずは生年月日を入力して、学歴を入力する

 

ここで個人的にちょっと感動!

 

専門学校という選択肢がある!!!嬉しい!!!!

f:id:skrd0809:20170320170216p:plain

他のサービスだとプロフィールで「どこの大学ですか?」的な聞き方だと「大学出てねーし」って感じで詰んでしまうんだけど、このサービスは違いますね。

 

学歴関係なく利用できるというのもこのサービスの特徴ですね!

 

その後、前職もしくは在職の仕事内容など入力します。

 

ここでまたまた感動しちゃいました!!

 

契約社員という項目がある!!

f:id:skrd0809:20170320165917j:plain

サービスによっては契約社員などの非正規雇用系の項目がなくて、萎えてしまった経験がありましたが、MIIDAS」は非正規雇用の人にも対応していますね。

 

その後、実務経験など入力します。

ついに結果発表!!

f:id:skrd0809:20170320164036p:plain

オファー想定年収は600万円超え!

 

思ったより高〜い!!

 

そしてなんか嬉しい!!

 

大学出ていなくても600万円も行くのか!

適正年収を診断してみて自信がついた

MIIDAS」は学歴や前職の雇用形態を問わずに使えるサービスでした。

 

契約社員でかつ大学を出ていないようなぼくでもしっかりと診断してくれるサービスです。

 

ぼくは会社にいた頃、「大学出ていないし契約社員だから低収入で仕方ないのかな?と悩んだ時期もありました。

 

診断を受けてわかったことはそれはただの思い込みだったということです。

 

ぼくは100社以上選考企業が合致しているし、面接確約オファー10社もあります。

 

少しでも不満があるなら、求人も覗いてみましょう。

創ってさくさくのWeb制作

企業のホームページ、ランディングページなどデザインからコーディングまで行うことができます。お問い合わせ・ご相談は無料で行なっているので、お気軽にご連絡ください。



スポンサードリンク