23歳で転職する上で考えるべきこととやるべきこと


スポンサードリンク

就活では希望する会社に入れたけどこんなはずじゃなかった。

就活で思うようにいかず、希望の会社には入れなかった。

そんな悩みを抱えている23歳は多いんじゃないかな。

でも、いざ転職って考えたときに職歴の浅さや学歴が気にしてしまい、なかなか踏み出せない。

そんなあなたに転職するときにどこから考えるべきなのかについて書きました。

この記事を読み終える頃にはサクッと考えられるようになっています。

まずはどんな生き方をしたいのかを考える

転職を考えるのに「ちょっと大げさなんじゃない」って思うかもしれません。

でも、ここから考えないと転職で失敗する確率が高いと断言できます。

なぜ自分がどんな生き方をしたいのかを考えるべきなのか?

それは自分がどんな生き方がしたいのかわかっていないと、どんな働き方が合っているのかがわからないからです。

そして、自分が理想とする働き方がわかっていないと、どんな職場が合っているかもわかりません。

そう。どんな生き方がしたいのかわかっていないと内定が取れたとしてもミスマッチ起こす可能性が大です。

だから、どんなふうな生き方がしたいかってそれくらい大事なのだ。

まずはやりたいことを制限なしに書く

真っ白い紙を用意して、やりたいことを書いてきます。

「これは現実的じゃない」とかそういう制限をつけないで書いていくこと。

例えば、将来起業したいでもいいし、時間と場所に縛られない生き方がしたいでもいい。

とにかく思ったことを正直に書いていくこと。

そうすると自然と自分がどんな生き方がしたいのかが見えてきます。

さっきの時間と場所にしばられない生き方がしたいなら、時間と場所に縛られないようなスキルが身につけられる仕事を選べばいい。

サイト制作とかプログラミングをやっている会社に行ってスキルを身につけてからフリーランスになるという手もあります。

PC1つあればできる仕事なら時間と場所に縛られない生き方ができるからね。

このように自分がどんな生き方がしたいのかを考えると、道が少しずつ見えてきます。

働く上でゆずれないことが何かを決める

例えば、家族を大事にする生き方がしたいから残業がない職場に行きたいと考えていたのに、妥協して残業がある職場に行ったら後悔します。

高望みをしすぎると転職できませんが、このように妥協してしまうと絶対後悔することになる。

新しい職場に行けば覚えなければならないことがたくさんあるわけですから、自分の考えに合わない仕事なら辛いだけ。

結局続けることができず辞めることになってしまえばまた同じことの繰り返しになってしまう。

だから1つ転職する上で譲れない点は何なのかを考えておく必要があります。

初めての転職ならエージェントを利用するのがオススメ

このように自分のことを整理してから転職活動をすすめる必要があります。

次はいよいよ業界を絞ったり、求人を探したりしますが、23歳ということでこれを読んでいるほとんどの人が転職が初めてでしょう。

転職が初めてと言う人は転職エージェントを使うことをオススメする。

転職エージェントはこんなことができます。

・求人紹介

・書類添削

・面接対策

・日程調節

・年収交渉

このように転職活動を手厚くサポートしてくれるので転職初心者の人にはおすすめ。

転職エージェントの取材経験をもとに23歳におすすめの転職エージェントを紹介します。

第二新卒ナビ〜内定率83%定着率92%〜

第二新卒・既卒・20代に特化した転職エージェント。

同じ境遇を経験した元第二新卒と既卒のカウンセラーが1人平均20時間のキャリア面談をしてくれます。

面談に時間を割く理由は本当に本人にあった会社紹介をするため。

このようにマッチングにこだわっているため内定率83%、定着率92%という数字を叩き出しています。

また、ブラック企業を紹介しないことを徹底しています。

大阪と首都圏のみの求人紹介なので地方の人は利用できないので気をつけてください。

第二新卒ナビはこちら

リクルートエージェント〜面接対策が充実〜

f:id:skrd0809:20170427211133p:plain

リクルートエージェントは独自サービス充実しています。

面接力向上セミナーでは、面接官の立場をシミュレーション体験できるので面接のときのチェックポイントを把握することができる。

そんな面接力向上セミナーの満足度も高く、参加した人の99%の人が満足した・大変満足したと回答しています。

このように初心者がつまずきやすい面接のサポートが充実している。

また、拠点も各地方都市にあるので地方の人でも利用できます。

もし、首都圏、大阪で転職する人は第二新卒ナビとセットで登録しておくことをオススメ。

リクルートエージェントの求人数は10万件以上とかなり豊富なので、第二新卒ナビが抑えていない求人を抑えている可能性があるからです。

リクルートエージェントはこちら

リクナビNEXT


リクナビNEXTはエージェントではないので、面接対策などを受けることができません。

なのでサブとして使います。

リクナビNEXTには企業からオファーが来るスカウトメール機能があります。

そんなスカウトメールの中には面接確約メールもあるので登録しているだけで面接を受けられる可能性がある。

また、リクナビNEXTの85%が独占求人なので他では巡り会うことができない求人がたくさんあります。

リクナビNEXTはこちら

転職エージェントは相談だけでも大丈夫

転職エージェントは手厚くサポートしてくれるってことはわかったけど、登録したら必ず転職しないといけないの?って思う人もいるでしょう。

そもそも転職するかどうか悩んでいる段階で相談する人もいます。

なのでそこまで心配する必要はありません。

キャリアや転職で悩んでいるのであれば、プロの意見を聞きにいくべきです。

プロの意見を聞いてから転職するかどうかを判断してもいいんです。

逆にここで何もしないのであれば、このまま30代になって後悔するかもしれませんね。

家族を持っているとどうしても転職はしにくい。

フットワークが軽い20代のうちに動きましょう。

第二新卒ナビはこちら

リクルートエージェントはこちら

リクナビNEXTはこちら

この記事を読んだ人はこちらを読んでます

専門卒が利用すべき転職サービス12選と転職に学歴が関係ない理由

22歳のぼくの適正年収は600万円だった



スポンサードリンク