ブロガーは友達を作るべき論に対する違和感を書く


スポンサードリンク

f:id:skrd0809:20170630105712j:plain

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

最近、SNSでブロガーの友達を作りませんか的なのが流行っている。

 

別にそのこと自体は悪いことではないと思う。

 

でも、どんな目的で友達を作るつもりなんだろう?

 

 

モチベーションを保つため

 

相談する相手を作るため

 

って感じで書かれていることが多い。

 

でもぼくは思うのだ。

ただ周りに流されているだけじゃない。

 

仲間がいると刺激をもらえる。でもその刺激って必要なのかな?

よく言うのが仲間がいると刺激をもらえる論。

 

同じことに対して頑張っている仲間がいれば、競争意識も芽生えて自分も引きずられてがんばろうって思える。

 

そうやって刺激しあえることで成長につながる。

 

 

そんな感じの話を聞くと刺激があると成長できるって本当になのかとぼくは疑問に思ってしまう。

 

人は刺激がある環境に行けば行くほど人と比べるようになる。

 

 

「あの人は私より文章がうまい」

「あの人は私より企画がおもしろい」

 

たぶん、最初の方は自分もがんばろうって思えるけど、比べまくっていると消耗するんだよね。

 

そして、どんどん足りないことだらけの自分に悲しくなってしまう。

 

モチベーションをあげるために友達を作ったのに逆にモチベーションが低下したら本末転倒じゃん。

 

一人でモチベーションを保てないからブログ友達を作るって甘え

モチベーションを保つために友達を作ると言うけど、そもそも一人でモチベーションの維持をできないって甘えじゃなか?とぼくは思う。

 

一人でモチベーションを維持ができないから友達を作るって違和感しかない。

 

一人でモチベーションを保てない人は友達がいなくなったらどうするつもりなんだろう?

 

一人でモチベーションを保てないなら友達を作る前にどうやったら一人でもモチベーションを保てるのか考えてた方がいい。

 

ブログは団体戦でやった方がいいって論はある。

それでも、書くときは結局一人だ。

 

自分との対話を繰り返しながら一つの記事が完成する。

 

人に頼ってしか記事を書けない人は自分との対話ができていない人だと思う。

 

ブログ友達を作る前に自分と向き合うことから始めた方がいいよ。

 

集団の中ではなく一人になった時に自分らしいものが書ける

集団の中にいると自分が見えなくなります。

 

これを読んでいるあなたも感じているんじゃないですか?

 

集団の中にいると「自分」ではなく「集団の中にいる個人」として振る舞うようになります。

 

発言が求められる場面でも自分の考えというよりは「集団の中にいる個人」として意見を知らず知らずのうちに言っていたりするんだよね。

 

その集団の人数が多ければ尚更です。

 

集団になればなるほど「自分」という輪郭が薄くなる。

 

何かを表現したり伝えたりするときに何かを増やす必要なんてありません。

 

増やすのではなく、どんどん削ぎ落としていきます。

 

自分にとっていらないものをどんどん捨てていって最終的に残ったものが「自分」です。

 

そんな「自分」しかない状態で書いた時にその人らしいものができます。

 

だから、ただ流れに乗っかってブログ友達を作るまえに自分と向き合ってから作ってください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

ブログを書く時に無理に尖らせる必要なんてない 

どんなに低いPVでも自分のブログをゴミと言っちゃいけない



スポンサードリンク