いつも不安な人は他人を信じることから始めよう


スポンサードリンク

f:id:skrd0809:20170803155421j:plain

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

突然ですがみなさんに不安はありますか?

 

将来のこと

 

会社や仕事のこと

 

人間関係のこと

 

結婚のこと

 

老後のこと

 

 

こんなふうに人それぞれ悩みはあると思います。

 

先行きが見えないから不安になるから仕方がないと諦めていませんか?

 

というか、常に不安な状態で生きるのって辛くないですか?

 

じゃあどうするんだよって声が聞こえてきそうですね。

 

不安な理由って、先行きが見えないとかじゃなくて自分以外の人を敵だと思っているから不安なんですよ。

 

自分以外を敵だと思っているから常に反撃の備えている

常に不安で心がざわついている人って、他人を信用していません。

 

人に頼ることが苦手な人です。

 

ちなみにぼくも人に頼ることが苦手で一人で頑張ろうとしてしまうタイプ。

 

だから自分の悩みを他人に打ち明けることができない。

 

悩みを打ち明けるのがすごい怖いんですよ。

 

「そんなことで悩んでいるの?」

 

「そんな考えは甘えだよ」

 

「それ向いていないよ」

 

そんな言葉を貰うことを先に想像してしまって、他人に悩みを打ち明けられない。

 

このように不安な人は相手のことをモンスター化していしまっているから他人に頼ることができない。

 

そしてそのモンスターに対抗するためにどう反論するかを常に考えてしまっている。

 

自分も好き嫌いがある人間だということを理解する

でも、考えてみてください。

 

あなたにも気に入らない考えや嫌いな人は少なからずいるはずです。

 

他人の言うことに賛成できる意見もあれば反対の意見だってありますよね。

 

他人もいろんな考えを持ったあなたと同じ人間。

 

だからあなたの考えに共感してくれる人もいれば、全く共感してくれない人もいる。

 

それなのに「この人は私のことを受け入れてくれる人」って思い込みをしているから、否定的な反応が返ってきたときに辛くなってしまうんですよ。

 

だから、まずは相手も好き嫌いがある人間だと認識することです。

 

まずは自分のことを肯定してくれそうな環境に行くこと

周りが全員敵ではないってことはわかったけど、いきなり自分の全てをさらけ出すのは難しい。

 

ずっと他人の発言などを気にしていたからかなり勇気がいる。

 

そんな人は自分が肯定してくれそうな人が集まりそうな環境に行くといいです。

 

例えば、起業したいと思っているとします。

 

ずっと会社員だったから起業を考えている人なんて周りにいないし、親も定年まで働くと言う古い価値観を持っている。

 

そんな環境にいたら否定する意見ばかり返ってくる可能性が高い。

 

でも、周りに起業経験がある人や起業を志す人なら肯定してくれる人が多いです。

 

起業のセミナーとかサロンなんかは同じ悩みを持っている人が自然と集まります。

 

ぼくも、周りにフリーランスとかやっている人がいなかったし、親もぼくのことが心配で散々不安を煽ってくるので、肯定的な人がいませんでした。

 

だから、金谷というフリーランスが集まる田舎に移住した。

 

周りがフリーランスの人ばかりなので、「フリーランスになる」って考えがわからないって人はいません。

 

周りの人でフリーランスになった経緯とか聞けるし、悩んでいたのは自分だけじゃなかったんだって思えることがあるので、ちょっとずつ他人を信じることができてます。

 

こんなふうに自分が目指している道と同じ人にたくさん会うことが、不安を払拭する近道です。

 

いきなり移住とかする必要はありません。小さなことから始めましょう。

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

努力が報われないんじゃなくて不安に負けているだけじゃない?

「ちゃんと将来のことを考えてくれ」の一言で子供の可能性を潰している 

 長所がないなんて思い込み。誰でも5つの長所がある



スポンサードリンク