謙遜する必要はない!自分が全力投球しているなら胸を張れ!


スポンサードリンク

どうも!心に火を灯すブロガーのショウダイです。

今ぼくはシェアハウスに住んでいるので、人の出入りがそれなりにあります。

なので、自己紹介をすることがあるのですが、どうも苦手なんだよね。

そこで、ついつい「大したことないんです」みたいな感じで謙遜してしまい舞うことが多いです。

みなさんも謙遜してしまうことはありませんか?

というか、謙遜することが当たり前の風潮が強いけど謙遜することは本当にいいことなのかな?

いろいろ考えてみてぼくは気づきました。

謙遜するのは自分を隠すためにやることなんだと。

謙遜すると自分を隠すことができる

人はどうして謙遜してしまうのでしょうか?

文化とか社交辞令でやっているからでしょうか?

でも、最大の理由は「小さな人間だと思われたくない」からやっているんじゃないかな。

自分から「私は大したことがありません」と言っておけば、相手から否定される可能性はなくなります。

ぼくが謙遜を使ってしまう時は「バカにされたくない」と強く思っているからです。

例えば、ぼくは今、ブログと貯金でなんとか生きています。ブログの収益は1万円。

そこで「1万円しか収益ないのかよ」って思われたらどうしようと不安になってしまい、「全然大したことないですよ」と口走ってしまう。

だから謙遜するってある意味自分を大きく見せようとしているんですよね。

謙遜は伝染する

謙遜ばかりしていると自分に「大したことがない人間だ」と暗示をかけているようなものだからポジティブな気持ちが薄くなります。

ぼくも謙遜している大人たちを見て育ったので、小学校高学年くらいから謙遜して生きていました。

大人になった今でも自己肯定ができずにいます。

だから、安易に謙遜しちゃいけないと思うんですよ。人の感情は簡単に伝染してしまいます。

特に子供の前なら尚更だし、ましてやたくさんの人がいる前でやってしまうも良くない。

素直に「私はこんな活動をやっています」でいいじゃないですか。

わざわざ自分を小さくする言葉なんていりません。

堂々と自分を語ろう

一番大事なのは他人がどう思うかと言うより、自分がどう思うかです。

今その活動に全力投球いているのであれば、堂々と自己紹介をしましょう。

自分の活動や仕事を認められない人が他人から応援される人間になれるのでしょうか?

だから、何度も言うように全力投球しているのであれば、謙遜して自己否定なんてする必要はどこにもありません。

堂々してい人の方が応援したくなります。

それに謙遜することを辞めることで素直になれます。

「素直に自分のことを語れた」という達成感があるから、自然にポジティブになれる。

謙遜をやめるといいことしか起こりません。

これから堂々と自分を語ってください。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

長所がないなんて思い込み。誰でも5つの長所がある

第二新卒ナビを取材!〜第二新卒が転職するうえで必要なことを全部聞いてきた〜

努力が報われないんじゃなくて不安に負けているだけじゃない?



スポンサードリンク