「このままじゃ終われない」という気持ちがあれば自分を変えられる


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

よく、自分を変えたければ環境を変えようって言う人がいますよね。

 

周りがすごい人だらけだったら、刺激を受けて成長できるからとみんな言っているけど、間違っている。

 

ぼくは千葉の金谷というフリーランスの聖地にいて、その場所にすごい人がたくさんいる。

 

正直、すごい人たちばかりの環境にいるって居心地悪いよ。

 

普通の人間なら居心地の悪さに消耗して出ていくのがオチだぜ。

 

というか、環境を変えるだけで自分を変えることができるなら誰も苦労しないよ。

 

環境を変えるだけでは変われない

ぼくが今住んでいる金谷はフリーランスの聖地みたいになっていて、個性的な人やある程度結果を出している人が集まってきます。

 

ブロガーの出入りも多くて起業家ブロガーのぶんたさんとか、るってぃさんなんかも遊びに来ることが多い。

 

そんなすごい人がいる環境にいて最初は充実していたんだけど、あるときからだんだんその刺激が辛くなってきました。

 

きっかけは同じコワーキングスペースを利用している人に「自分が貯金を貯めてきていてブログで生計を立てることを目標にしてる」と話したときだ。

 

そのときその人に自分のことをすごいバカにされた。すごい嫌な笑い方をされた。

 

言われた直後はあんま気にしてなかったんだけど、「そのぼくをバカにしたやつは自分の生活費を稼いでいるけどぼくは一円も稼げていない笑われて当然か」と思ってしまった。

 

それ以外の周りの人もしっかりと稼いでいる。

 

自分だけが稼げていない。

 

そんな事実を思い知らせされてしまった。

 

この頃から程よい刺激だったのが、針のように自分の心に刺さって来るようになった。

 

 

だんだんそのコワーキングスペースにいるのも辛くなり始めてきたし

 

すごい人がそのコワーキングスペースに遊びに来た時は精神的に辛かった。

 

「何でこの人はこんなに面白いアイディアができるんだ。ぼくは何てダメなやつなんだ」という負の気持ちが心の中で暴れていた。

 

いなフリと言うWEBスキル全般を学ぶプログラムで大きく変われたと思っていたのに何も変わっていなかった。

 

環境を変えるだけは人は変われない。

  

環境ではなく「このままで終われない」という気持ちが人を強くする

ぼくはれいの人にバカにされたあたりからコワーキングスペースには行かず、シェアハウスに引きこもるようになった。

 

それでも腐らずやっているのは「このままでは終われない」と言う気持ちがあったからだ。

 

だって、クズみたいな奴に嫌な笑い方されたくらいで諦めるってダサいじゃないですか。

 

それにこれくらいで諦めていたら、この先何も成し遂げることができないと思う。

 

今のぼくは春先に移住したばかりの頃よりメンタルが強くなっている。

 

周りを気にせず、今自分がすべきことを淡々とやっている。

 

一番人が変わる時って環境を変えた時じゃなくて、「このままで終わらない」って気持ちが湧いた時だ。

 

こんな中途半端な感じで会社員に戻るのは逃げだ

 

逃げるためにここに来たんじゃない

 

闘いに来たんだ。

 

そんな気持ちが湧いた瞬間から「どうやったら這い上がれるか」考えるようになるから、だんだん変わっていく。

 

逆にそういう気持ちがない人は環境を変えても、変われない。

 

自分を変えたければ、「このままじゃ終われない」という経験をたくさんすることだ。

 

それが自分を変える近道だと思う。

 

この記事を読んだ人はこちらを読んでます

また諦めるつもり?やりきらないで諦める人はいつまでも自信が持てないまま

農家の人が食べ物を育ててくれているから僕らは生きている 

【メンズ&レディース】おしゃれ腕時計ベスト5 



スポンサードリンク