1ヶ月でブログアクセスが3倍以上になったぼくが心がけているたった一つのこと


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

ブロガーのみなさん!ブログを書く時に心がけていることはありますか?

ぼくは周りの人を大切にすることを心がけています。

周りの人を大切にしていない人のブログは響かない

f:id:skrd0809:20170409161006j:plain

ブログって名前も声も知らない誰かに影響を与えることができる。

ロマンがある世界です。

ぼくはブログをたくさん読んできましたが、影響力のあるブログには共通点があります。

それは人の気持ちがわかっていること。

人の気持ちがわからないと読者のニーズに答えることができないし、影響も与えることもできないからです。

ぼくは100記事以上書いていきましたが、名前も声も知らない人の心を動かすことは難しい。

だからぼくは周りにいる人の気持ちを考えるようにしている。

リアルで目の前にいる人の気持ちを考えられない人がネット上で人の心を動かせるわけがない。

ぼくらブロガーが発信するのはインターネット上だけど、人の気持ちを肌で感じられるのはリアルの周りにいる人たち。

そんな周りの人を大切にできれば、ブログでも読者のニーズを捉えることができる。

そして、そのニーズに対して書くべきことがわかれば自然に影響力が出てくるとぼくは考えている。

だからぼくは周りの人を大切にすることからはじめている。

自分勝手な気持ちで書いていた時のぼくの記事は独りよがりだった

ブログを始めた時のぼくは親との会話を避けていたし、自分さえ良ければいいという考えでした。

関連記事↓

自分さえという考えの人は仕事も評価されないし、家族も大切にできない

あの頃は人の気持ちを考えることをしていなかった。

ブログも人の気持ちを考えて書いていないから誰の心にも響かない。

まさに独りよがりの記事だった。

全く誰も見ない日はざらにありました。

その時のPV数は月間400〜800PVくらい。

人の気持ちを考えて書くようになってからアクセスが増えた

ぼくが人の気持ちを考えるようになったのは田舎フリーランスという合宿形式でWEBスキルを学ぶプログラムで仲間と出会ってからだ。

田舎フリーランスで出会った仲間や講師のあんちゃさんはみんなぼくのことを考えて相談にも乗ってくれたし、アドバイスもくれた。

会社に行きながらブログを書いていた頃は悩みを一人で抱え込んでいたので、ありがたかったし、嬉しかった。

そんな優しさに触れながら1ヶ月間過ごせたので、ぼくもだんだん人の気持ちを考えられるようになった。

ぼくもそうされたように真剣に話を聞いたり、励ましたりしていた。

自然に仲間に優しく接するようになっていたのだ

ブログでも自然に読む人の気持ちを考えて書けるようになっていた。

この記事を読むはどんなことに困っていて、どんなことを書くべきなのかを考えて書いていた。

ぼくの講師を担当してくれていたあんちゃさんからは文章に愛が出てきたと言われた。

ブログのアクセスは気がつけば3倍以上の2700PVを超えていた。

プロブロガーへの近道は周りの人を大切にすること

プロブロガーとはブログだけで生計を立てられる人のこと。

ブログで生計を立てられるということは、それだけ人の心を動かしているとも言える。

人の心を動かせる人は周りの人を大切にしているのだ。

出会った仲間たちはぼくの話をたくさん聞いてくれたし、あんちゃさんからは読む人目線で考えることを学んだ。

ぼくは周りから優しくされて変わることができた。

ぼくがそうされたようときのようにぼくも周りを大切にする。

今自分の目の前にいる人がどんな悩みを持っていて、自分はどんな言葉をかけるべきなのか。

目の前にいる人のことをこんな風に考えられれば、文章でもそれがにじみ出てくる。

そうして人の心を動かせる記事が書けるようになる。

だから周りの人を大切にすることがプロブロガへの近道だと考えている。

この前はあまり話してこなかった父親に料理を作りました。

できることから始めています。

あなたは周りの人を大切にしていますか?



スポンサードリンク