絶叫マシーンが苦手な人は必見!恐怖を克服する方法


スポンサードリンク

そろそろ遊園地に行けるシーズンが終わりそうです。


最後に一発楽しみたい人に誘われて行くことになってしまった人向けの記事です。

長いなー。

実はショウダイも絶叫マシーンが苦手だった

ぼくも絶叫マシーンが苦手で修学旅行で行ったディズニーはすごいこわかったです。
ハードルを下げて地方の無名の遊園地の絶叫マシーンでさえも怖かったです。

もうニ度とあんな場所に行かないと決めてきたのですが、職場で仲良くなった人から富士急ハイランドに誘われて、雰囲気に流されて行くことに、、。
絶叫マシーンの克服方法は姿勢!

行く前にネットで富士急ハイランドの絶叫マシーンは日本一こわいということを知ってしまった。


ぼくは当日ビビってました。

おまえ大丈夫って聞かれるくらい。

そんなとき、乗るときの正しい姿勢と書かれた看板が目に入りました。

1.バーにしっかりつかまる。
2.頭をうしろにつける。

頼みがこれしかなかったのでこの言葉を信じてビビリながら乗りました。


マシーンが出発すると、いつのまにか楽しめてる自分がいました。

そのあとに乗ったドドンパもすごい楽しかったです。

スリルを味わえている感覚です。

ぼくは富士急ハイランドで覚醒したのです!

とくに大切なのは『頭をうしろにつける』です。

今までは頭をうしろにつけるだけでこんなに違うとは驚きです。

ダマされたと思ってやってみましょう!

ただ、富士急ハイランドの『ええじゃないか』という乗り物は姿勢をよくしてもこわいです。

別格です!野球で言うならイチローなみにヤバイです。

まるで知らない世界に放り込まれてる気分になります。

6人で乗ったのですがそのうち5人はこわいという感想です。

ツワモノは挑戦してください。



スポンサードリンク