相手のことを考えれば爆発的に教えることが上手くなる


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

大人になるにつれて、人に教える機会が増えますよね。

 

ぼくは前いた職場でベトナム人に仕事を教えるということをやっていた。

現地で日本語を話せるベトナム人を採用していているから日本語でマニュアルも作るし、説明するんだけど日本語の能力のレベルはみんなバラバラ。

 

だから仕事を教えることに苦労したけど、そのおかげで教える能力は身に付けることができた。

人に教えるうえで大切なことは「相手と同じ目線」に立つことだとぼくは考えています。

 

頭が良くても相手の立場を考えられなければ絶対に伝わらない

ぼくは会社の中でものすごい仕事ができるわけではなかったし、地頭も特別にいいわけでない。

ぼくより優秀な人はざらにいる。

 

でも、ぼくはそんな優秀な人たちよりも教えるのは上手かった。

 

それはなぜか?

 

ぼくは相手の目線に立って説明していたからです。

相手の立場に立つことがなぜ大事かというと、実際に手を動かすのはあなたではなく、教わる人だからです。

 

例え、あなたが東大を出ていて超エリートで優秀だとしても教わる人からすればそんなのどうでもいい話なんです。

 

肩書きがあるかどうかじゃなくて、教わる側が求めているのはあなたの説明がわかりやすいかどうかだけ。

 

相手の立場に立って考えるために意識したこと

ぼくがベトナム人に教えるために意識したことはこの3つ。

・専門用語は避ける

・最初の頃の自分を思い出す

・絶対に相手を圧迫しない

 では一つ一つ見ていきましょう。

 

①専門用語は避ける

よく人に教える時は小学生でもわかるように説明するって書かれている本を見かけます。

小学生でもわかる日本語って何だよって話だよね。

それは専門用語を使わないということなのだ。

 

例えば、ど素人に「ブログってどうやって集客するのか」って説明するときにSEOって単語を使ったら絶対伝わらない。

ブログをやっている人なら絶対知っているけど、世の中SEOという言葉を知らない人の方が多い。

そんな人たちに「SEOで集客する」と言っても絶対に伝わらない。

 

だから説明するときに絶対にSEOの意味の説明を加える。

 

ぼくなら「ブログの集客の方法は2つあって、1つはツイッターやフェイスブックなどのSNSで集客する方法。もう一つはSEOと呼ばれる方法。SEOはグーグルの検索結果で自分のブログが上に表示されるための方法だよ。」

って感じで説明する。

 

②最初の頃の自分を思い出す

みんな最初の自分を思い出してみてほしい。

例えば、会社に入った最初の頃、仕事を覚えるのに苦労したこと。

 

やったことがないことをやるってものすごいストレスだよね。

教わる側もそんな過去のあなたのようにストレスを抱えながら必死に覚えようとしているのだ。

 

そんな最初の自分が何で苦しんでいたかを思い出せば、やることは見えてくる。

 

ぼくだったら、関数が壊れたときにどこが間違っているか探すのに苦労して、納品ギリギリまでわからなかった経験がある。

 

慣れている人なら対処することにそんなに時間がかからなくても、最初は時間がかかってしまう。

 

だからマニュアルに関数が壊れたときの間違っているパターンまで書いたことがある。

これをやったおかげで予定よりも早く案件を渡すことができた。

 

こんなふうに最初の自分を思い出すことで、効率よく引き継ぐことができる。

 

③相手を圧迫しない

そんなの当たり前じゃんって思うかもしれないけど、意外とみんなやってしまっている。

 

よくやってしまうのが伝わっていないと思って大きな声を出してしまうこと。

 

電話などの遠隔で教えるときにこれをやってしまうと大きな声を出しているから「怒られているのかも」って勘違いしてしまうケースがある。

 

ぼくの場合、相手が日本語を話せるベトナム人だけど相手からしたら日本語は外国語だ。

だからぼくは英語のリスニングの時間を思い出しながら教えていた。

ネイティブで早くて何を話しているわからなくて、リスニングに苦しんだ。

 

だからぼくは「伝わっていないな」って感じたらゆっくりとした日本語で話すことをしていた。

こうするだけでもだいぶ解決する。

 

さいごに 

ぼくはたくさんのベトナム人に仕事を教えてきて、感じたことはできない人ほど人に教えることに向いているということ。

 

ぼくは勉強がずっとできなかったから「できない人」の気持ちがすごいわかる。

だからここまで人のことを考えられるのだと思う。

受験した大学すべて落ちたヤツは幸せになったのか?

 

「人に教える」ということをしただけでぼくのコンプレックスだったことを長所にかえることができました。

 

こんなふうに「人に教える」ことは自分を成長させてくれます。

ぜひ、素敵な経験をしてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます 

受験した大学すべて落ちたヤツは幸せになったのか? 

他人と比べる必要はない!「昨日の自分」に勝てばいい 



スポンサードリンク