福岡の糸島に行って見たこと学んだこと


スポンサードリンク

 

この前ぼくは糸島に行って来ました。

 

目的は2つあります。

 

1つは愛しの糸島ライフというメディアを運営しているヘイスケさんに会うため。

 

2つ目の目的は前から少し興味があった福岡に行ってみたかったから。

 

まずは糸島がどんな場所だったかをさらっと紹介。

糸島は海も砂浜も緑もロケーションが最高だった

f:id:skrd0809:20170512184614j:plain

もう帰りたくないと思えるくらいきれいな場所でした。

 

海と川の水が透き通っているし、砂浜も黄色くてきれい!! 

f:id:skrd0809:20170512184745j:plain

素直にここに住みたいと思える場所でした。

 

福岡と糸島の全部をみたわけじゃないけど、周りを取り巻く雰囲気みたいなのが全体的に明るかった。

 

これは行った人しかわからないと思うけど。

 

糸島はこんな感じで自然が豊かな場所でした。次は本題の学んだことです。

本橋へいすけさんとは

写真撮り忘れたのでツイッターの埋め込みです笑

現在は移住を成功させるノウハウを発信してたり、WEB系の集客をやったり、福岡を中心にギタリストとしての活動など多様なジャンルで活動している。

 

とくに糸島の情報発信はWEBだけに止まらず、新聞・雑誌・ラジオにも出るくらい精力的に活動しています。

 

 

 

へいすけさんのメディアは広告収入以外でマネタイズしてそうな印象でした。

 

ぼくも将来的には広告収入以外でのマネタイズを考えていたので、そんなへいすけさんに会いにいきました。

 

読者からではなく企業からマネタイズする

ぼくは心に火を灯すインタビューというカテゴリがあります。

 

将来的にはそのインタビュー記事でマネタイズをしたくて、月額制のマガジンにして販売してマネタイズすることを考えていました。

 

このことをへいすけさんに話すと、企業からマネタイズする方が仕事が広がるとアドバイスされました。

 

集客に悩んでいる地方の中小企業であれば、インタビューして宣伝するだけでもニーズを満たせるとのこと。

 

そして、取材やインタビューの経験があれば、コンサルの可能性があるかもと言われました。

 

確かに埋もれている面白い企業を紹介するのもありだと思ったし、もしぼくの記事を見て、その企業の悩みが解決したらすごい嬉しい。

そして、記事を読んだ誰かが行動して人生が変わったり、ちょっと元気が出たりしたら、さらに嬉しい。

 

まだ、このLIGHT THE FIREを通してまだ人の役に立ててる実感がないので、ぼくと関わった人が笑顔になれることをしたいと話を聞いて思いました。

 

そうなるためにはいい記事を蓄積しないといけないので、改めて信用の積み重ねが大切だと思った。

 

まとめ:糸島に行って将来はブロガーの枠をはみ出して活動したいと思えた

ぼくがブログを始めた時はブログで稼いでこんなクソみたいな会社辞めてやるって想いしかなかった。

 

結局1円も稼げずあてもなく会社を辞めて、会社を辞めてからの2ヶ月間はいろんな人に出会って、いろんな人に支えられています。

 

一緒に住んでいるシェアハウスのみんな、へいすけさんを紹介してくれた友人であるトミーさん。

 

迷いや悩みはたくさんあるけど、みんなが支えてくれているから何とか生きています。

 

だから将来は自分みたいに悩んだり迷っている人に手を差し伸べられるような人になりたいと強く思いました。

 

ブログで発信力があれば、誰かを応援できるし、誰かの人生をちょっとだけ変えることもできる。

 

でも、ネットじゃなくてリアルの世界でも何かしたいなと思えた糸島の旅行でした。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

福岡に来たなら絶対に二丈渓谷に行くべき!

 

千葉県の田舎に移住してからのことを赤裸々に書くよ

 

「LIGHT THE FIRE」〜激しくなはいけど優しくて明るい火を灯す〜



スポンサードリンク