環境を変えたいと思うあなたにシェアハウスを進める


スポンサードリンク

f:id:skrd0809:20170520122535j:plain

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

自分を変えなきゃいけない。環境を変えたい。

でもどうやって変えていいか、よくわからなくて悶々としている人に向けて書きます。

 

ぼくは100万都市の仙台から千葉県の田舎に移住したけど、行動するってものすごいエネルギーがいる。

ただ、今は勇気を持って環境を変えてよかったと思っている。 

実家でブログ書いたり寄稿することはできるけど住み慣れた場所でつまらないし、 親といると、不安を煽ってくるので集中できないんですよね。

だから、実家にいて成功してから出るって人は一生実家を出れないと思います。

 

そんな当時のぼくみたいに環境を変えたいって思っている人にはシェアハウスを進めます。

本題に入る前になぜシェアハウスなのか?

ぼくがシェアハウスを進める理由は2つある。

まず、1つ目は初期費用の安さ。

 

一人暮らしをしたことがある、あるいは一人暮らしの初期費用を調べたことがある人ならわかると思うけど、初期費用は結構かかる。

 

敷金と礼金に加えて、保険とか引っ越し費用とか家具家電を入れたら20万円〜30万円はかかってしまう。

 

ぼくがシェアハウスを進める理由の一つはこの初期費用の安さにある。シェアハウスはまず、家具家電が揃っているからそのぶんの初期費用が浮く。

それに敷金とか礼金もとらないとこもある。

 

ちなみにぼくは敷金と礼金がかからないシェハウスだったので初期費用は0に抑えることができた。

だからお金がネックになっている人にはおすすめです。

 

そして2つ目の理由は人との交流だ。

シェアハウスに住んでいると一人暮らしと違って人との交流がある。

 

シェハウスに住んでいる人は変わった人が多いので、話していて面白くて刺激をもらえる。

前回インタビューに協力していただいた元ホストの方も、元シェアハウス住民だ。

こんなふうに自分の知らない世界のことに触れられるのは、シェハウスならではのことです。

環境を変えたくて、ちょっと刺激のある生活をしたいと思う人にはぜひシェハウスに住んで欲しいです。 

シェハウスに住みたいならまず地域の人と繋がれ

f:id:skrd0809:20170520123344j:plain

でも、シェハウスに住みたい人は今すぐ住めなんて無茶なことは言いません。

複数の人と生活するので合う合わないがあります。

なので、何も考えずにノリで行動してしまうのは危険です。

 

環境を変えるってすごいエネルギーを使う。 

だから、まったくやったことがない道のことに飛び込む時には、まずは小さなことから始めるのが鉄則です。

 

一番いいのは知り合いのツテを辿ってみるのが一番いいです。

この前の糸島の記事も友人の紹介で行くことができました。

 

知り合いとか友人がいねーよって人にはゲストハウスに宿泊することをおすすめします。

 

ゲストハウスはホテルに比べ圧倒的に安いだけでなく、その地域に住んでいる人(ゲストハウスのオーナーさん)との交流ができます。

 

オーナーさんと話したり、周りの雰囲気とかが気に入ったら「ここに住んでみたいんですよね」と切り出してみましょう。

自分の住んでいる地域に住んでみたいと言われるのは嬉しいので、何か情報をくれるかもしれません。

 

こんなふうにまずは旅行から始めてみるのがいいです。

 

環境を変えるとは自分を変えることでもある

何度も言うようにぼくは環境を変えて本当に良かったです。

 

環境を変えることで、自分が知らない世界を体験した人にたくさん合うことができました。

 

出会った人たちはみんなエネルギーに満ち溢れている人たちなので、ぼくは仙台にいた頃よりも前向きになれました。

 

こういう人たちに会えるのは思い切って環境を変えたからなんですよね。

 

まずは小さなことから始めてみませんか?

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

元月収300万円のホストに聞く水商売の世界

福岡の糸島に行って見たこと学んだこと

実家を出て良かった3つのことを羅列する 



スポンサードリンク