「ない」ではなく「ある」を探すゲームby『神様とのおしゃべりーあなたの常識は、誰かの非常識ー』


スポンサードリンク

みなさん突然ですが、幸せの基準って何ですか?

日本人ってなんか幸せじゃない人が多いですよね。

ぼくも前の会社で働いていた頃は、幸せだと思える瞬間はありませんでした。

毎日思うことといえば、

「どうして体調を崩して働いているのに給料が上がらないんだろう」

「会社を辞めたいけどこんな自分が通用するんだろうか」

そんなつまらないことばかり考えていました。

でも、ぼくらって本当は幸せでも不幸でもないんですよね。

すべては自分がどう捉えるかで決まるんです。

「ない」を探すと人は不幸になる

幸せを感じられない人って、「ない」状態のこと目を向けているんです。

たとえば、「給料が15万円しかない」という感じ。

「ない」を感じ始めるとキリがありません。

「ない」を追い求めてしまうので、どんどん「ない」状態を映し出していきます。

さっきの「給料が15万円しかない」という人は「車を買う余裕がない」ことを感じて、その次は「ブランド品を買う余裕がない」と、、、。

こうしてみんな知らず識らずのうちに「しあわせじゃない」という感情を生み出しているのです。

幸せな人がいるんじゃない「幸せ」だと思っている人がいるだけだ

と、ぼくは思うんです。

「給料が15万円しかないしかない」って見方だけではありません。

「給料が15万円もある」って捉え方だってできるんですよ。

おまえばかじゃねーか!と言われそうですが、初めて会社から15万円が振り込まれていた時は感動しました。

学生時代はバイトはしていたけど5万円〜6万円くらいだったので、それからすれば「15万円もある!」って思えます。

だからこの世に幸せな人なんていないんです。幸せだと言える人は、幸せだと思っているから幸せなんです。

「ある」を探すとすでに幸せであることに気づく

このことに気づいてからは「ない」を探すことをやめました。

逆に「ある」を探すようになりました。

ぼくならこんな感じ↓

・無職でも住む家を提供してくれる人がいる

・ありがとうと言ってくれる人がいる

・美味しいお米が毎日食べられる

・インターネット回線がある

・料理を作ってくれる人がいる

・たまにシェアハウスでバーベキューのイベントがある

・贅沢をしなければ生きていけるお金がある

・誕生日を祝ってくれる人がいる

・蚊取り線香がある

・毎日会話をする相手がいる

などなどここでは挙げきれないたくさんの「ある」がぼくにはありました。

もうすでに僕は幸せなんだってことに気づくことができました。

別に年収1,000万円になれなくても、ぼくはもう幸せなんです。


スポンサードリンク

結論:幸せかどうかは自分の心次第だった

幸せかどうかなんて結局その人の捉え方次第なんです。

その出来事に対して「幸せ」と感じるか「不幸」と感じるかで、幸せになれるかなれないのかが決まります。

幸せじゃないなと感じている人はぼくみたいに「ある」に目を向けてみてください。

幸せであることにすぐに気づくことができます。

ここまで自分の持論であるかのように語ってきましたが違います笑。

こちらの本に書いてあったことを実践したお話でした。

本ではもっと濃い内容が書かれているので、もっと知りたいと思った人は迷わずゲットしよう。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

会社を辞めたいと思うあなたへ6つの選択肢

厳選した4つの総合型転職エージェント



スポンサードリンク