新卒一括採用なんてなくなればいいのに


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

みなさんは就活することに対して、違和感を抱いていたでしょうか?

 

周りがやっているから自分もやる

 

大人になるということは我慢するということなんだ

 

違和感があったとしてもこんな感じで自分を無理やり納得させて就活に取り組んでいた人は多い。

 

そうやって就活をした学生たちはどうなったのでしょう?

 

周りのサラリーマンの友達、前職の会社員の人たちを見ても楽しそうに働いている人がほんの一握りです。

 

他の人たちは何か不満を持ちながら生きている。

 

見ていて全然幸せそうじゃありません。

 

周りに流され就活してこうなるくらいなら新卒一括採用なんてなくなればいいのに。

 

常識とは多数決と歴史の長さで決まっている

どうして就活するかについて考えたことがある人はどれくらいいるでしょうか?

 

ほとんどの人が「就活の時期だから」って感じの理由で就活を始めるよね。

 

なぜなら「ほんとんどの人がやっている=常識」です。

 

みんな常識から外れないために就活をやっている。

 

常識とは人数の多さと歴史の長さで決まってしまうものです。

 

新卒一括採用も何十年も続いている制度だし、圧倒的に新卒一括採用のレールに乗っかる人が多い。

 

前例どおりにやれば無難だし、「みんながやっているから私もやらないと変かな」と思ってみんなと同じ道を行く。

 

これが常識の正体です。

 

だから自分の基準で作り出されたものではないんですよね。

 

必ずしも全員が「常識的な道」が合っているとは限らない

常識とは誰かが作った基準なので、合っている人も合っていない人もいるはずなんです。

 

それにも関わらず、ほとんどの人が「常識的な道を歩んでしまう」のは違和感を感じる。

 

そもそも生まれ育った環境も違ければ、性格が違うんだよ。

 

だから、好きなタイミングで就職すればいいと思う。

 

今までのように卒業1年前から活動する人もいていいし、本当に自分は何がしたいのかわからない人は卒業してから動いたっていい。

 

無理やり就活してミスマッチするよりはこの方法の方がよっぽどいい。

 

今会社でグチグチ不満を言っている人だって、もう少し時間をかけてやれば、自分が向いていることがわかって自分にマッチした働き方を見つけられたかもしれません。

 

採用する企業だって、ミスマッチで半年で辞められるよりは、じっくり自分と向き合った上で入社してもらった方がいいじゃないですか。

 

自分がどうしたいのかもわからず焦って行動して決断してるから、愚痴ばかり言っている大人がこんなにいるんだと思う。

 

新卒と既卒に能力の違いなんてない

例えば、世界一周してたので就活しませんでしたって人は「既卒」というレッテルを貼られて「常識がないやつ」みたいな評価をされてしまいます。

 

でも、そういう人って普通の人と違う考え方をしている人が多いし、すごいクリエイティブだったりするから活かし方なんていくらでもある。

 

 

べつに新卒と既卒って就活するタイミングが遅いか早いかの違いじゃないですか。

 

社会経験が両方ないわけですから能力に違いなんてありません。

 

「新卒」と「既卒」に分ける意味がわかりません。

最近、個性を尊重するとか多様性とかって言葉が流行っているけど、同じタイミングで就活させておいて、個性もクソもないと思います。

 

周りに流されて就活するんじゃなくて、自分がどんな生き方がしたいかを考えるべき

こんなふうにに新卒一括採用って言葉がなくなればいいとぼくは思っていますが、しばらく新卒一括採用は続くと思います。

 

学生のうちに内定をもらえなければ、既卒というレッテルが貼られて就職が厳しいのが現実です。

 

でも、社会のせいにしても何も始まりません。

 

 

だから、自分がどんな生き方をしたいかを考えて就活をしてみてください。

 

どんな生き方がしたいかという軸があれば、やることが見えてきます。

 

そして、どんな経験を積むべきかがわかる。

 

自分で真剣に考えたことであれば、どんな結果でも受け入れられます。

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

また諦めるつもり?やりきらないで諦める人はいつまでも自信が持てないまま 

失敗しないように生きるなんて間違った生き方だ



スポンサードリンク