サラリーマンになりたくないなら就活やめてこいよ


スポンサードリンク

どうも内向き毒舌ブロガーのショウダイ(@showdy5)です。

最近ネット上で「サラリーマンになりたくない」学生が多いって感じます。

仕方なく就活をやっているみたいな感じ。

何でそんなイヤイヤやっているの?イヤなら就活やめればいいじゃん。

就活しなければ絶対にサラリーマンにはならない

そもそもサラリーマンになりたくないのに就活しているって矛盾しています。

就活ってサラリーマンになるためにやるようなものじゃないですか?

何でなりたくないものになろうとしているんですか?

それはまるで危険が潜むジャングルに行きたいくないのに、ジャングルを目指して歩いているようなものです。

ジャングルに行きたくないなら、ジャングルに行かなきゃいいじゃんって言いたくなるよね。それと同じこと。

だから正社員になりたくなければ、就活をしなければいいだけのことです。

将来が不安だから就活するって言い訳

将来が不安だから仕方なく就活してますって人がいるけど、それは言い訳をして考えていないだけです。

将来が不安な原因を考えたことはありますか?

お金の問題?家族の反対?失敗することが怖いから?

不安は人それぞれですが、就活することで今自分が持っている不安は解決するのでしょうか?

就活はあなたの不安を和らげてくれる薬ではありませんよ。

ぼくは会社勤めのサラリーマンの経験もありますが、サラリーマンになっても不安はありますよ。

例えば、上司や周りとの人間関係、刺激がない毎日、安い給料、残業などなどそれぞれ悩みがあります。

だから就活して内定をもらえれば不安がなくなるわけではないんです。

もし、サラリーマンになりたくないけど将来が不安だから就活しているのであれば、「なぜ不安なのか?」を答えが出るまで自分に問い続けてください。

不安な原因がわかったら、今度はその原因を解消するためにどうするべきかを考えてみる。

例えば、ずっとサラリーマンがイヤなら一旦就活して副業をやりながらサラリーマンをしてみる。だから副業がOKの会社を探してみるという感じで考えてみる。

あとは時給の高いバイトで働きまくって1年分お金を貯めて自分がやりたい事業に集中してみるとかもあり。

こんなふうに不安だからなんとなく就活している状態から抜け出すには、なぜ不安なのかを考えること。

最後は勇気を持って自分の生き方を貫けるか

この前、福岡にあるBOOK AND BEDという泊まれる本屋に遊びに行ったら自分と同じ22歳の女の子に会いました。

この春大学を卒業した彼女は就活は一切せず今バイトとして働いているそうです。

なぜ就活をしなかったのかを尋ねると「就活してサラリーマンになることがいいと思えなかった」とこたえました。

この時ぼくが感じたのは周りに流されないで「自分がどうしたいか」ということを真剣に考えたんだろうなって話していてわかりました。

人は周りに流されてしまう生き物です。

周りと同じように行動していた方が安心するし、周りと違うことをしてしまえば異端児扱い。

でも、周りにどう思われるかって関係ないんですよね。自分がどうしたいかが重要でみんな周りの目ばかり気にしていて「自分」が見えなくなっている。

周りが就活している中、一人だけ就活しないでフリーターとかフリーランスになるって言ったらきっと周りからすごい反発が来るでしょう。

そんな反発が多い中、最後は自分の生き方を貫けるかどうかです。

ぼくはフリーランスという周りからの反発が多い世界にいますが、それでもぼくが会社から飛び出した最大の理由は自分の理想に近づきたかったからです。

時間と場所を選ばない自由なスタイルを手に入れたいって気持ちで会社を辞めました。

もちろん、会社を辞めたからと言って誰でもフリーランスとして成功すると言うわけではありません。

でも、会社に属さないで生計を立てている人は勇気を持って会社を辞めてレールを外れた人だけです。

だから最後は自分の生き方を貫けるかどうかにかかっています。

これを読んでいるあなたの検討を祈ります。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

他人に批判されている人は自信を持て!自分らしく生きている証だ!

就活どうしていいかわからないなら自分がどう生きたいか考えよう



スポンサードリンク