他人と比べる必要はない!「昨日の自分」に勝てばいい


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

 

あなたは今勝ちたい相手はいますか?

勝ちたいまで行かなくても「いつの間にか他人と比べてしまっている」ってことはありませんか?

 

ぼくはブログを書いていて、つい他人と比べてしまう癖があります。

 

この人の記事すごい。何でオレこういう感じに書けないんだろう?

こんな風に人と比べてしまうと全然自分が前に進んでいない感覚になってしまう。

 

本気になればなるほど上を見て辛くなってしまう

ブログを始めて6ヶ月が経ちました。

最初は人のブログを読むことが好きでした。

 

「いつか自分もこんな風に心を動かせる文章を書きたい」

そんな熱い想いで、すごいと思った人たちの文章を研究していた。

ぼくはとにかく早く彼らに追いついて追い抜きたいという気持ちが強かった。

 

でも、本気で取り組めば取り組むほど足りないことだらけの現実を思い知らされる。

 

ぼくがブログを始めるよりも前からブログをやっている人はぼくよりもできる人たちが多いです。

 

ぼくには持っていない表現力や文体を持っている。

ぼくにはマネできそうにない壮絶な経験だったり、すごい経歴を持っている。

 

リアルでお会いした人でもネットでしか繋がっていない人でも、そんな人たちばかり見かけます。

 

そんな人たちのブログを見ていると、「すごい」と思うと同時に「何やっているだろう」って気持ちにもなる。

「わざわざ会社を辞めて、仙台から千葉の田舎に来て1ヶ月間プロブロガーから学んだのにどうしてこういうのが書けないんだろう」って感じにね。

 

あまりに人の記事を読むことが辛くなりすぎて今月はミュートしまくっていました。

 

みんな積み重ねているから簡単には追いつけない

でも、よく考えてみたら今自分より上にいる人たちもそれなりに積み重ねがあるから今があるんです。

 

その人たちだって最初からすごい文章を書けたわけじゃない。

みんなあーでもないこーでもないと考えながら試行錯誤して、すごい文章が書けるようになっているんです。

そして、今も試行錯誤を続けている。

 

ブログを開設してからは6ヶ月が経っているけど、ちゃんとノウハウを学んだのは3月になってから話。

だからそんなぼくが簡単に追い抜けるわけがない。

 

「何記事書けば結果が出る」とかっていう単純な世界じゃないから、いつ結果が出るかはぼくにもわからない。

 

それでも毎日のトレーニングは大事で、それをやっているかやっていないかで大きな差が出る。

レバレッジをかけて、いきなりプロを追い抜けるなんてありえない。

 

絶対勝たなきゃいけないのは「昨日の自分」

人と比べること自体は悪いことじゃないとは思っています。

自分に足りない部分や上手くいっている人から学べることはたくさんあります。

 

でも、自分よりすごい人と比べて自分はダメだと責める必要はない。

今、あなたがすごいと思っている人たちだってそうやって苦しみながら今の場所まで上りつめたのだから自分を責める必要なんてない。

 

だから、あなたが思うすごい人たちに勝つ必要なんてない。

 

でも、「昨日の自分」には勝たなきゃいけない。

昨日できていなかったことができていれば最高だし、できていないならどうしてできていなかったのか考える。

 

「昨日の自分」を超えることができたかどうかが一番大切。

 

なかなか思うように結果が出ない日もたくさんあるし、自分より上手くいっている人を見てムカつく日もたくさん経験するでしょう。

 

みんな歩幅が違う。

 

だから人と比べすぎないこと。

 

「昨日の自分」がいつでも未熟だと思えるように成長すること。

 

これが他人と比べまくって自信を喪失しかけたぼくが出した答えです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

「この人すごいな」と思う人の3つの特徴とたった一つの共通点

自分に自信がない。でも自分に自信が持てる日は一生来ない

千葉県の田舎に移住してからのことを赤裸々に書くよ



スポンサードリンク