フリーランスになって1年。29万円稼ぎ会社にいた頃の収入をやっと超えた


スポンサードリンク

去年の3月に会社を辞めて1年が経ちました。Web制作をはじめてからは4ヶ月が経とうとしています。

1月は途中まで全然仕事が取れなくて焦りまくっていましたが、なんとか盛り返し、最終的には29万円を稼ぐことができました。

正直自分でもびっくりしています。

収益の内訳

  • Web制作:263,200円
  • ブログカスタムサービス:10,000円
  • ライティング:12,400円
  • ブログ収益:8,000円

合計:294,400円

Web制作なんですが、クライアントに恵まれ、「思ったより作業量が多かったのでその分お支払いしますよ。」と言ってくださったこともあり、当初より単価を上げていただきました。

本当にありがとうございます。

継続する方向でお話が進んでいるので、これからも丁寧に対応していきます!

新しい案件を取りに行くことも大切ですが、今目の前にいるクライアントを大切にすることが収入を安定させるキーポイントだと感じました。

あと、大きかったのはコーディングだけでなく、Webデザインも始めたことで、仕事の幅が広がったことです。

 

自分に誇りを持てるまでに1年もかかってしまった

フリーランスになって1年なのでちょっと振り返ってみようかなと思います。1年目は「誇りを持てる自分になるための旅をしていた」感じです。

独立した当初は、ブログだけで生きていけたらいいなと思っていた。

というのも、会社で働いていた頃、仕事が好きじゃなさすぎて、「働くのはおれには向いていないんだな」って思っていたからです。

そんなぼくですが、全くプロブロガーの適性は全くありませんでした。文章もそこそこ上手だし、書くことも嫌いじゃない。

でも、プロブロガーとかブロガーとかの人と全然反りが合いません。上手く言えないけど、群れで行動するのが全然合わないんですよ、本当に。

そんな好きでもない彼らの記事を意図的にシェアして、ぼくは消耗してしまいました。

感覚で言うと、「好きじゃない上司に出世のために媚を売っている」感じですごい嫌でした。

会社いた頃の自分、無理してプロブロガーになろうとしていた自分は仕事に全く誇りを持っていませんでした。

 

そんなとき、シェアハウスに偶然あったコーディングの本をなんとなくやったら、思ったより難しくなかったので、ノリでWeb制作を始めました。

もちろん、仕事は大変で夜までやる日もあるけど、嫌な気持ちは全然しませんでした。

なぜなら、自分の仕事と自分に誇りを持っているからです。

「9割が挫折する独学をちゃんとマスターできた」

「独学からのスタートでもちゃんと仕事が取れている」

「23歳でここまで行動できているやつはそうそういない」

など誇れることはたくさんあります。

 

「会社員ダメだ!フリーランスになってやる!!」ってあなたは一旦一呼吸おきましょう。

そして、自分の胸に「今の自分に誇りが持てるか?」を考えてみてください。

フリーランスがいいとか、会社員がいいとかじゃなくて、今の自分にどれだけ誇りを持てるかが一番大事です。

 

まだまだ通過点年内に月収50万円を目指す

ぼくはこの数字で全然満足していません。

せっかく会社を辞めたのだから、同年代の平均を大きく上回りたい。

昨年末にPONT!のイベントで事業計画を発表したのですが、年内に50万円を目指しています。

スキルアップも大事ですが、人と関わったり、発信をして仕事につながる活動すれば決して無理な数字じゃないと思います。



スポンサードリンク