会社の愚痴を言ってばかりいる人が腐っていく理由


スポンサードリンク

あなたはこんな人いたらどう思いますか?

 

  • 何かあっても言い訳をする
  • 自分のミスでも自分が悪いと認めない
  • 環境が悪いやツールが悪いと言ってまわりのせいにする。

 

言うまでもなく、こんな人がいたらうざいですよね。

もう近づかないでほしい。

 

でも、あなたももしかしたらそうなっているかもしれませんよ。

例えば、会社の愚痴。

いつも決まったメンツで上司とか会社の悪口を言っていませんか?

それってさっきのうざい人とそんなに大差ありませんよね。

 

 

ここまで読んでドキってしたならこのまま読み進めてほしい。

 

どんな事情であれ自分で選んで入った会社じゃん

と、ぼくは思ってしまう。

 

「いや違う!!そこしか入れなかったから仕方なかったんだ。」

なんて言う人がいますが、そんなに嫌なら就職しなきゃいい話です。

ニートとかフリーターになる道だってあったんですよ。

 

今いる会社しか内定をもらえなかったのも、自分の準備不足じゃないんですか?

本当に最善の準備をしたんですか?

 

 

今の会社の上司とか環境に問題があったとしても全部自己責任です。

会社に問題があるとか騒ぐ前に自分に問題があることを疑ったほうがいいです。

だって自分で選んで入ったんですよ。

これって学級員やりたくて自分から手を挙げたのになってみたら大変だから「やっぱイヤだ」って言っている子供と一緒です。

 

会社の愚痴ばかり言っている人はずっと停滞する

会社の愚痴ばかり言っているってかなりやばいと思います。

だって会社を選んだ自分のミスなのに、上司が悪いや人事制度が悪いとか人のせいにしているんですよ。

謙虚さのかけらもありません。

こう言う風に周りのせいにしている人は自分の悪い部分をずっとずっと見て見ぬ振りをします。

こうしているとどうなるでしょうか?

 

 

自分のダメな部分がずっと残っているので、成長するどころか改善されません。

人間的にどんどん退化していきます。

 

会社の愚痴ばかり言っている人はどこに行っても使えない

自分のせいなのにまわりのせいにして

自分の悪い部分は知らんぷり

自分の行動に反省しようとすらしてない

 

 

そんな人と一緒に働きたいと思いますか?

 

第二新卒の転職エージェントを取材した時もアドバイザーさんが言っていました。

「他責傾向が強い人は転職は失敗する」

 

やっぱそう言う普段からの言動って面接でもなんとなく伝わっちゃうんです。

どこに行って使えないと言うより、どこも雇ってくれないと行ったほうが正しいですなあ。

 

どこも雇ってくれないから愚痴を言っている会社にいるしかないってなんか皮肉ですね。

 

変わりたいならまずは自分にも原因があることを認めることから

そんな風になりたくないと思うのであれば、まずは自分にも問題があることを認めることです。

たしかに会社が取り組まなければいけない問題もあります。

でも、なんども言うように絶対に自分にも問題があるんです。

 

自分が悪いってことを認めるだけでだいぶ前向きになれます。

今まで偉そうに会社の愚痴について語ってきましたが、じつはぼくも決まったメンツでいつも会社の愚痴を言っていました。

たしかに同じ考えをもつ人たちと一緒に喋るのは楽だし、楽しい。

でも、その時間って何もプラスなことが起きていません。

そんな僕らに悪口を言われながら頑張っている上司の方が100倍立派です。

 

会社がそんなにイヤならその会社から脱出するための努力をする

ちなみに、ぼくは会社がイヤすぎて思い切って会社を辞めてWeb制作のフリーランスをやっています。

Web制作は独学で学びました。

だから今の会社を辞めることが目標でも全然いいと思います。

転職できるような人材になるために今の会社で頑張るのもいいし、独立したいからがんばるでもいい。

 

ぼくが言いたいことは、愚痴を言う暇があるなら何か自分にプラスになることに時間を使おうよってことです。

自分に原因があるとこを認めれば、行動も自然に変わっていきます。

まずは自分に自問自答して見てください。

 



スポンサードリンク