してもいい苦労とするべきでない苦労について


スポンサードリンク

みなさん突然ですが、若い頃は苦労するべきだって言葉についてどう思いますか?

 

たしかに若い頃に苦労したほうが強くなれるイメージはありますが世の中にはしてもいい苦労としてはいけない苦労があるんです。

だいたい幸せを感じられない人ってしなくてもいい苦労をしているから苦しくなっているんですよ。

 

一瞬足りとも「面白い」と感じたことがない仕事を定年まで続けた人

ぼくの友達の同僚の方が定年退職したときに「一瞬足りともおもしろいと感じたことがない」と言っていたそうです。

ぼくはこの方に直接会ったことがありませんが、正直に「何のための人生だったんだろう?」と思ってしまいました。

逆によく面白くもない仕事を40年続けることができたなと、感心してしまいました。

ぼくは2年くらいしか持ちませんでしたね。

いわゆるこれがしなくてもいい苦労ですね。

 

仕事は楽しいことばかりじゃないでも苦しいだけの仕事を続けることは無意味

苦しいだけの仕事を続ける人って、ホリモンの言葉を借りていうなら思考停止状態です。

だって、つまらないだけの仕事ならその状況から脱出する方法を考えなきゃいけないはずなのに、何もアクションを起こさないですよ。

別に大きなことじゃなくても転職を考えるとか、どんなキャリアにしたいか考えて行動するとかやるべきことはたくさんあるはずです。

その仕事に対して目標もなく、だただ辛いだけなら自分にとってプラスになるわけがありません。

そうやってアクションを起こさない人はさっきの人みたいに40年も面白くもない仕事を続ける羽目になります。

そんな人生はごめんだね。

 

残業自慢とか社畜自慢とかする奴には近づかない

結構人間って環境影響します。

ほら残業が多い会社って全然残業時間とか問題にならないじゃないですか。

あれって周りが残業しているから残業してるって環境が影響しているんです。

だから「おれ、残業時間100時間だった!!」とか自慢してくる人に近づいちゃいけません。

会社を辞めた僕からすれば残業時間を自慢して一体何になるんだろうね。

社畜自慢とか残業自慢する人ってちょっと気持ち悪いです。

その残業が自分にとってプラスになったならまあいいんでしょうけど、そんなことを言う人は経験上ただ残業時間を自慢したいだけのしょうもない人です。

 

ぼくは自分に必要な苦労だけをして生きている

最近ぼくはWEBサイト制作の勉強をしています。

そこそこ楽しいですが苦しいことがたくさんあります。

とくにWordPressテーマ作成に必要なphpと言う言語が結構苦しいです。

一日中PCに張り付く日々がここ1ヶ月続いていました。

こんなふうに苦労はしていますが不幸ではありません。

なぜならこのWEBサイト制作の苦労はぼくに必要な苦労だとわかっているからです。

WEBサイト制作をやろうと思ったのはフリーランスとしての仕事の幅を広げるためです。

クラウドソーシングでライティングの案件をとる方法もありますが、もう少しクリエイティブな仕事がしたいと思いWEBサイト制作の勉強をはじめました。

初めてのことばかりでうまくいないことが多くありましたが、何とかこの1ヶ月で2つのWEBサイトを作ることができました。

目標があってそのためにやっていることだから未来につながっている感じがしてめちゃめちゃ充実感があります。

今はどんどん自分の理想に向けて階段を一段一段登っています。

ちょっと話が長くなってしまいましたね。

これがしてもいい苦労です。

 

その苦労は今の自分に必要な苦労なのか?

「若い頃は苦労をするべきだ」と、言うのは正しいけど、捉え方を間違えれば全く無意味な方向に転がってしまいます。

今回の話をまとめると、

してもいい苦労は自分の目標や将来のために必要な苦労。

 

しなくてもいい苦労は周りから強要されたり、ただ苦しいだけの苦労。

 

ただ苦しい毛の苦労ならその状況から早く脱出しなければなりません。

それこそ定年になってからはもう手遅れです。

今苦しんでいる人は「この苦労は本当に必要な苦しみなのか」を考えてみてください。



スポンサードリンク