成功体験に大きいとか小さいとか関係ない!頑張ったなら胸を張ろう


スポンサードリンク

突然ですが、みなさんは何か成功体験はありますか?

 

そう聞くと「私には成功体験はありません」って答えが返ってきます。

でも、ぼくはそんなことはないと思います。

 

成功体験がありませんって人はたぶん客観的に見て成功しているかどうかで判断しちゃっているんじゃないかな。

 

もっと主観的でいいと思うんです。

 

周りがどう思うかじゃなくて自分がどう思うか

ぼくら現代人は常に他人や世間の評価にさらされています。

会社員だったら自分の上司の評価になるだろうし、フリーランスだったらクライアントの評価にさらされている。

ある意味、他人の基準で常に生きているなあって最近感じる。

 

確かにクライアントにとって自分がどれだけ頑張ったかなんて正直どうでもいいことです。

でも、だからこそ自分で「おれはこれだけがんばったぞ!」って言えるかどうかが大事です。

 

もちろん、反省すべきとこは反省しないと品質は向上しません。

生真面目な人だとできなかったことばかりに目を向けてしまいがちですが、できたことだってあるはずです。

できたことにもちゃんと目を向けて自分を褒める。

こうやってセルフケアすることも大事です。

 

ぼくの成功体験はWeb制作で独学から14万円稼いだこと

独学で学んで初月で14万円稼いだこと自体はそこまですごいことじゃないかもしれません。

未経験から初月で20万円くらい叩き出したことがある人を知っているし、それに仕事をするのに独学でやったかどうかなんて関係ありません。

求められるのはしっかりと要望通り納品できるかどうかそれだけです。

そう考えてしまうと世間一般から見たらそんな大したことじゃありません。

 

それでも、ぼくにとっては成功体験です。

HTMLとかCSSを学ぶことは決して簡単なことではありません。

挫折する人も結構多いです。WordPressになるともっと挫折率が高くなります。

ちなみにぼくは今まで勉強しても成績が上がらず大学受験には滑り止めも含め全て落ちたくらい頭が悪いです。

そんな頭のわるいぼくが挫折せず最後まで勉強できたこともすごいし、ちゃんと仕事もとって自分でお金を稼ぐ経験をしたんです。

そこは自分を褒めてあげたいです。

 

 

あなたにも何か一つは成功体験があるはず

だから成功体験に大きいとか小さいとか関係ありません。

みんな成功体験がないと言っていますが、世間的に見た大きさで測っているんじゃないですか?

 

自分が頑張ったと思えたのであればそれでいいんです。

自分に厳しくするのは大事ですが、そればかりでは疲れてしまいます。

たまには自分を褒めてあげましょう。

創ってさくさくのWeb制作

企業のホームページ、ランディングページなどデザインからコーディングまで行うことができます。お問い合わせ・ご相談は無料で行なっているので、お気軽にご連絡ください。



スポンサードリンク