みなし残業がある会社はブラックだと思った方がいい


スポンサードリンク

どうも!内向き毒舌ブロガーのショウダイです。

みなし残業を取り入れている会社は従業員を大切にしないブラック企業です。

みなし残業とは労働者にとってすごい不利な条件だからです。

みなし残業とは

あらかじめ基本給に加えて一定時間の残業代を加えている制度のこと。

例えば、月30時間の残業を想定しているのであれば、基本給に30時間の残業代をあらかじめ含めておく。

こんなふうに残業の有無に関わらずに残業代を支払っている制度のこと。

成果主義の考え方が広まってきたからこういう制度が取り入れられているけど、労働者にとっては不利なんですよね。

本当にいいことがない。

どうして労働者が不利になるのか

こんなふうに残業の有無に関わらずに残業代を支払っている制度ってことを聞くと、「定時に帰れば特する」みたいな考えになりがちだけど、そうでもない。

みなし残業を取り入れている経営者の立場を考えてみればすぐにわかると思うけど、ただ人件費を削りたいだけなんだよね。

長時間労働しないと仕事が回らないから「みなし残業」という荒技で無理やり人件費を削っているのだ。

もし、40時間分のみなし残業代が基本給に含まれている会社なら「最低40時間働いてもらわないと困る。もし、もっと長時間労働してくれればラッキー」

これが経営者側の考え。 あー怖い、、。

みなし残業はたしかに定時に帰れば得するけど、みなし残業を取り入れている会社って定時で帰れない。

残業があって当たり前だから「みなし残業」というカードを切っているのだから。

みなし残業の会社は従業員のことを考えていないブラック企業

f:id:skrd0809:20170530151304j:plain

このようにみなし残業はそこで働く労働者にとってかなり不利になりやすい。

ぼくがいた会社の基本給は手取り14万円だけど、その中にみなし残業代は5万2千円もみなし残業が含まれている。

残業時間に換算すると45時間ほどで、毎日2時間以上の残業を想定していることになる。

そんなみなし残業を取り入れていたぼくの会社で定時に帰る人なんてほぼいない。

ひどい事業部だと朝9時に出勤して、帰りが朝の5時になっているところがあった。

ぼくも終電を逃すような事業部にいた時でさえ毎日吐き気で大変だったのに、朝5時まで働いていたら相当辛い。

その事業部では当然のごとく何名か体調を崩して辞めてしまった人がいた。

体調を崩して会社に来れなくなっているのに、「うちの会社にあっていない」という理由で試用期間で切ってしまうような酷い会社だった。

ぼくが言いたいことはみなし残業を取り入れている会社は絶対に労働環境がよくならないということだ。

みなし残業を取り入れている会社は残業を気にしているんじゃなくて、「残業代」を気にしているのだ。

これは人をお金としてしか見ていない何よりの証拠だ。

そんな会社は従業員の健康状態なんてどうでもよくて、「辞めたら誰か入れればいい」って考え。

あなたはそんな会社で働きたいですか?

みなし残業の会社にいるなら脱出する準備をするべき

もし、みなし残業を取り入れている会社にいるなら一刻も脱出しよう。

体調を崩してしまってからでは時すでに遅し。

今の配属先では全然大丈夫だとしても、違う配属先に異動したら残業時刻になってしまったというだって大いにあり得る。ぼくもそうだった。

いつ何が起こるかわからないから対策はしておいたほうがいい。

転職を考えている人は転職エージェントに登録することをオススメします。

求人紹介、書類添削、面接対策、日程調整、年収交渉など手厚くサポートしてくれるから効率よく転職活動ができる。

下の関連記事は有名どころの転職エージェントをまとめた記事なので必ずみておきましょう。

厳選した4つの総合型転職エージェント

ブラック企業で消耗してボロボロになるなんてメチャクチャもったいない。

興味がある人はぜひのぞいて見て欲しい。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

厳選した4つの総合型転職エージェント

取材経験をもとに考える転職エージェントの選び方



スポンサードリンク