第二新卒は厳しいの?転職エージェントの取材経験をもとに対策を考えてみた


スポンサードリンク

この記事を読んでいるあなたは第二新卒で転職を考えているけど、厳しいのかな?やっぱ辞めようかなと心が揺れているかと思います。

ぼくは転職エージェントに取材した経験があるのですが、結論から言うと新卒の就活よりは厳しいです。

第二新卒ナビを取材!〜第二新卒が転職するうえで必要なことを全部聞いてきた〜

でも、そんなに悲観的になる必要はありません。

転職エージェントの取材経験をもとに対策すべきことを考えたので、参考にしてください。

 

採用する企業は即戦力を求めているわけではない

f:id:skrd0809:20170713171236j:plain

ここを結構勘違いしている人が多いと思います。

考えてみてください。

第二新卒って職歴があっても3年だし、1年とか2年って人もざらにいます。

そんな職歴の人がスキルがめちゃくちゃあるということの方が珍しい。

だから即戦力を求めている企業はそんなにありません。

企業側は採用から3年〜5年後に戦力になれる人材を求めているんです。

スキルがないということに関しては、そんなに気にする必要はない。

第2新卒の転職・就職で立ちはだかる2つの壁

第二新卒で即戦力やスキルを気にしなくていいことはわかった。

でも、だからといって簡単に転職できるものではありません。

第二新卒では2つの壁があります。

<第二新卒の2つの壁>

・書類選考が通らない

・面接で問われる退職理由

では一つ一つずつ解説していきます。

書類選考で落とされる理由と対策

f:id:skrd0809:20170713171549j:plain

第二新卒の転職者で一番多い悩みは書類選考の段階で全然通らないということ。

理由は2つあります。

一つは新卒の求人に比べて第二新卒の求人は少ないので、倍率上がっているということ。

そして、2つ目は本人が自己分析できていないことです。

1つ目の理由はどうしようもないとして、2つ目の自己分析ができていないことに関しては改善できます。

書類選考で苦しんでいる人はおそらく条件から絞って求人を応募している人が多い気がします。

年収とかボーナスとかから最初に見て判断していませんか?

まず、やるべきことは求人を探すことではありません。

最初にやるべきことは自己分析です。

この自己分析ができていないと自分の強みがわからないから、履歴書でうまくPRできない。

それに、強みがわからないとどんな業界や職種が合っているかわからないからミスマッチを起こす可能性高くなります。

だから、そもそも自分に合っていない企業に応募しているから書類選考が通っていない可能性は高いです。

もし、書類選考で悩んでいるあるいは、これから転職活動をする人は自己分析をやってください。

書店にたくさん専門書があるから本を使うのもいいですし、今は自己分析診断をやっている転職サイトがたくさんあるので参考にしてみるといいでしょう。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は有名ですね。

面接で退職理由がうまく伝えられない

f:id:skrd0809:20170424154817j:plain

第二新卒という言葉が一般的になり始めているのは確かですが、職歴が短いので企業の目は厳しいです。

企業側の考えとしては

・どうして辞めたのか?

・うちの会社に入ってもすぐに辞めてしまうのではないか?

主にこの2つのことを懸念している。

だから、退職理由でネガティブな内容で答えてしまうと採用されない。

ネガティブな理由で答えてしまうと、うちに入ってもまた同じことを繰り返すのではないかと思ってしまうからね。

仮に退職理由がネガティブだとしてもプラスに持っていく必要があります。

例えば、「新卒で入社した会社はミスマッチでした。転職活動ではミスマッチがないようにこのような想いで行っております」という話し方がいいです。

つまり、ミスマッチなどで失敗していたとしても、どうしてダメだったのかを考えて同じ失敗をしないためにどうするべきかを考えているかを面接では見られている。

第二新卒の転職ではこのように失敗をどう活かそうとしているかが問われているのです。

第二新卒の転職・就職はプロにサポートを受けるべき

ここまで読んでわかる通り、第二新卒の転職は簡単なものではありません。

・自己分析

・求人探し

・書類応募

・面接対策

・面接本番

・入社日交渉

などなどやることがたくさんありますし、最初の転職・就活なのでわからないことがたくさん出てくるでしょう。

そんな人は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントとは求人の紹介はもちろんのこと、書類添削や面接対策や入社日の交渉など手厚いサポートを行っているサービスです。

しかも、サービスはすべて無料。

第二新卒のために作れられた第二新卒ナビがおすすめ

その名の通り第二新卒(既卒も)に特化したエージェントです。

内定率83%、定着率92%という驚異的な数字を叩き出している。

第二新卒ナビはこちら

なぜ、このように高い数字を出すことができているのか。

それは第二新卒ナビのキャリアカウンセラーが元第二新卒と既卒の存在です。

同じ境遇と悩みを経験したカウンセラーがいることで本音で話すことができる。

利用者と深い話ができるため、本当の強みや向いていることがわかるので本当にマッチした企業を紹介している。

そんな丁寧な求人紹介が内定率83%、定着率92%の秘密です。

「転職すべきかどうか悩んでいる」という相談からでも大丈夫とのことでしたので、気軽に利用できます。

利用者の声

f:id:skrd0809:20170402133659j:plain

<大企業に内定した25歳女性>

細かいカウンセリングと面接対策を重ねてくださり、ありがとうございました。

面接対策の際には、どの点を修正すればいいのかを、的確に教えてくださいました。

そのため、すぐに実際の面接で、直した点を活かして受け答えをすることができました。

<3ヶ月で離職後に内定した23歳男性>

今までは、面接官としっかりコミュニケーションを取れれば受かると思っていました。

しかしUZUZを通して就職活動をするにあたって、早期退職した理由と、これからどう会社に貢献していきたいかを深く考えるようになった。

 

よくある質問

Q:ブラック企業を紹介されることはありますか?

Aブラック企業を紹介しないように厳しく紹介企業をチェックしています。

第二新卒ナビで就活サポートした方から入社後にフィードバックをもらうことで、ブラック企業をあぶり出しています。

「労働環境が過酷」「離職率が高い」企業だと判明した場合、ブラックリストに追加して紹介を中止します。

Q:まだ転職をすると決めたわけではないのですが、サービスに申し込んでもいいのでしょうか?

A:もちろん大丈夫です。どうして転職を考えるようになったのかというキッカケを聞くことで何かしらのアドバイスができると考えています。

キャリアカウンセリングを実施してみて、人によっては転職をしない方が良いというケースもあります。お気軽にご相談ください。

 

転職で失敗したらずっとフリータかもよ

f:id:skrd0809:20170323205256j:plain

正しい方法を知らずに勢いで会社を辞めて転職できず、結局フリーターってパターンもありえます。

ブランクが長ければ長いほど就職は難しいのが現実。

そうなるくらいなら一度相談した方がいいです。

・書類が通過しない

・面接でうまく話せない

・自分の強みがわからない

・会社を辞めるか悩んでいる

そんな悩みがある人は第二新卒ナビのキャリアカウンセラーに相談してみましょう。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

第二新卒ナビを取材!〜第二新卒が転職するうえで必要なことを全部聞いてきた〜

転職したいけどめんどくさいと思っている人に解決策を教える 

22歳のぼくの適正年収は600万円だった



スポンサードリンク