転職すべきどうか悩んでいる人に伝えたいこと


スポンサードリンク

転職するかどうかでどんな状況の人でも誰もが一度は考えること。

 

何かに迷っていると言うことは決して恥ずかしいことではないよ。

 

何かに迷っているということは何かを変えたいと思っていることの証です。

 

迷っている時に大切なのは転職をしたとして本当に悩みが解決されるのかということだよね。

 

どうして転職したいと思ったのか改めて考えてみる

f:id:skrd0809:20170721121134j:plain

・人間関係が辛い

 

・給料が低すぎる

 

・体を壊しそう

 

・会社や業界の将来性がない

 

・非正規社員なので将来が不安

 

・スキルがないから不安

 

こんな感じの悩みが多いかと思います。

 

体調が壊しそうあるいは壊れている人はもう頑張る必要はないです。

 

すぐに環境を変えたほうがいい。

自分の健康が一番大事だし、働けなくなったらどうしようもない。

 

あと人間関係も、いじめられているのであれば戦うことを考えずに逃げるべきだ。

 

世の中にはいじめがない職場なんて山ほどあります。

 

あなたのいる環境が変なだけです。

 

こんな風に明らかに生死に関わる悩みを抱えている場合は速攻で転職をしたほうがいい。

 

でも、それ以外の人はよーく考えてから決めたほうがいい。

 

給料いいとか将来性がある会社に必ず行けるとは限らないからです

 

転職したからといって必ず待遇がいい会社に行けるとは限らない

f:id:skrd0809:20170721122002j:plain

例えば、給料が低いと悩んで転職する場合。

 

どれくらいの人が年収がアップできているか知っていますか?

 

リクナビNEXTによると転職年収がアップした人は転職で年収がアップした人は67%。

 

3人2人が年収アップに成功しているし、高確率だと思う。

 

 

でも裏を返せば3人1人は年収がアップしていないとも言えるから、年収が上がらない可能性もそれなりに高いです。

 

 

自分がその67%の中に入らなければ、年収なんて上がりません。

 

将来性のある会社に入れるかどうかだって、同じです。

 

退職したからと言って、全部が解決する保証なんてどこにもありません。

 

それを理解した上で転職活動に望まないと、後悔するこになるでしょうね。

 

プラスの理由で転職する人は強い

f:id:skrd0809:20170721121450j:plain

転職エージェントを取材させていただいて感じたのはキャリア形成とか目標があるうえで転職活動ができる人は強い。

 

 

だって、志望理由で「こういうキャリアが積みたいので御社に入りたいです」とアピールできるわけだから、そりゃ面接官も欲しくなるよ。

 

そういうプラスの理由で転職活動ができる人は「この人と一緒に仕事がしたい」と思わせるオーラを持っているからね。

 

給料が低いとか将来性がないからって動機で転職を考えるのはありです。

 

でも、転職活動をするなら「何かこうなりたい!」みたいなビジョンを見つけて欲しい。

 

それで内定を取りやすくなるからというのもあるけど、平日5日も働くなら目標があって働いたほうが絶対楽しいじゃん。

 

給料のためだけに働くって悲しい。ぼくもそんな生活を送っていたからよくわかる。

 

好きでもないことを5日もやって土日のために働いている。

 

そして、土日が過ぎればつまらない毎日が始まる。

 

この機会にそんな毎日を卒業しよう。

 

どうしてもわからないのであればわからないなら転職エージェントに相談しよう

この記事を読んでも悩みが解消されないのであれば、客観的なアドバイスをもらって判断しましょう。

 

転職の業界のプロがいる転職エージェントに相談したほうがいい。

 

「転職するかどうかすらわからないのに相談できるのかよ」って聞こえてきそうですね。

 

転職エージェントは適切な人材を企業に紹介することが仕事なので、利用者とカウンセリングして、どんな仕事が適性なのかなどを判断する必要があるからね。

 

それに場合によっては、「転職すべきでない」とアドバイスすることもあるそうです。

 

だから、無理やり転職される心配も不要。

 

実際に転職するかどうか悩んでいる段階で利用する人もいます。

 

おすすめのエージェントを紹介するので気軽に相談してください。

 

リクルートエージェント

f:id:skrd0809:20170427211133p:plain

まず、リクルートエージェントは利用者層が20代〜40代と幅広いです。

 

拠点も各地方都市にあるから、地方の人でも利用できる。

 

オススメ最大の理由は独自サービスの充実していること。

 

中でも面接力向上セミナーでは、面接官の立場をシミュレーション体験できるので、面接におけるチェックポイントを肌で感じることができます。

 

そんな面接向上セミナーの参加者は99%の人が「満足した・大変満足した」と言っている。

 

転職でつまずきやすい面接のセミナーがあるのはありがたい。

 

もし、転職活動することになっても十分使えるエージェントです。

リクルートエージェントはこちら

 

第二新卒ナビ

キャリアカウンセラーが元第二新卒と既卒で構成されているので、同じような境遇を経験した人とカウンセリングができるのが特徴。

 

1人あたり平均20時間の面談を通して、本当に本人に合っている求人を紹介してくれます。

 

そんな第二新卒ナビの内定率は83%、定着率は92%です。

 

ただ求人が首都圏と大阪のみなので、地方で転職したい人は利用できないのでご注意ください。

 

首都圏や大阪の第二新卒(既卒)の方はぜひ気軽に利用してみてください。

第二新卒ナビはこちら

 

悩むのは悪いことじゃないけど悩んでいるだけでは何も変わらない

悩むことは悪いことではありません。

 

でも悩みをそのままにしていたらずっと不満のあるまま働き続ける日々が続くだけです。

 

悩んだあげく転職をすることに決めたけど、年齢的にもう無理なんてことにならないうちに相談しちゃいましょう。

リクルートエージェントはこちら

第二新卒ナビはこちら

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

学歴関係なく利用できる転職サービス12選

22歳のぼくの適正年収は600万円だった

大企業は時代を遅れだからベンチャーに行こうと言う意見に賛成できない 



スポンサードリンク