厳選した4つの総合型転職エージェント


スポンサードリンク

今まで第二新卒・既卒やフリーターなど特化した転職エージェントを中心に紹介してきました。

こう言った特化型エージェントは業界や年齢の理解だったり、より手厚いサポートが受けられるのが特徴です。

しかし、拠点数や求人数が少ないことが欠点。

そこで登場するのが総合型の転職エージェントです。

代表的なのはリクルートエージェントDODAですね。

このように大手が運営することが多い転職エージェントは特化型エージェントにはない圧倒的な求人数や拠点の数が多さがあるんですよ。

両方のメリットを掛け合わせることで、より効率的に転職を進めることができます。

今まで特化型のエージェントを紹介する記事を書いてきたのですが、総合型のエージェントを紹介する記事がなかったので記事を書くことにしました。

では早速紹介します。

リクルートエージェント


転職業界最大級の10万件の求人を保有するリクルートエージェント。

特徴は圧倒的な求人数だけに止まらず、独自サービスが充実しています。

中でも参加者の99%が「満足した・大変満足した」と答える面接力向上セミナーでは面接官の立場をシミュレーション体験できる。

面接官の立場を疑似体験できるから面接の時のチェックポイントを把握するのに大いに役に立ちます。

面接に自信がない人にはオススメです。

<基本データ>

拠点:各地方都市

特徴:10万件の求人数、満足度99%の面接力向上セミナー

 

DODA

こちらも業界最大級の10万件の求人数を誇っています。

リクルートエージェントと違うのはキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当がサポートすることです。

キャリアアドバイザーはキャリアプランの提案やカウンセリングを担当。

採用プロジェクト担当は企業の人事担当者と同じ目線で書類添削や面接のアドバイスを行います。

この採用プロジェクト担当は分野別に分かれているので、きめ細かい業界や企業の情報を受け取ることができます。

このようにDODAは分野ごとにわかれた対応をするので業界が決まっている人にはオススメです。

<基本データ>

拠点:各地方都市

特徴:10万件の求人、分野ごとに分かれた対応

マイナビエージェント


20代〜30代の比較的若い利用者向けに支援を行なっているマイナビエージェント。

キャリアアドバイザーは業界ごと専任なので、行きたい業界や興味のある業界がある人はスムーズに支援が受けられるかもしれません。

はじめて転職する人、2回目の転職の人、20代の転職の人、30代の転職の人など、自分の境遇ごとに分かれています。

自分の年齢や転職回数に最適なプランを提案してくれます。

<基本データ>

拠点:東京・大阪・名古屋・福岡

特徴:20代〜30代向け、業界ごとの専任アドバイザー

ワークポート

忙しくて働きながら転職活動をできるか不安な人にオススメしたいのがワークポートです。

面談予約システム・面談事前入力ツールでは空き状況がすぐにわかるので、すぐにカウンセリングなどの予約でができます。

これなら電話やメールをする手間がなくなるので、忙しい人には嬉しいですね。

証明写真機も無料で使えるのでわざわざ貴重な時間とお金を払って写真館に行く必要もありません。

また、もともとIT業界に特化していたエージェントなのでゲーム業界やスマホ業界に強いのも特徴です。

<基本データ>

拠点:東京

特徴:スケジュール管理系のツールが充実、IT業界に強い

特化型エージェントと合わせて登録しよう

実は今紹介した転職エージェント以外でも総合型のエージェントはあったんですよね

でも、イマイチなエージェントを紹介しても無意味なのでピンと来たものだけ紹介しました。

いいと思ったエージェントがあれば随時更新しておきます。

話が脱線したので戻しますよ。

総合型エージェント1社だけでもいいじゃないかと思うかもしれませんが、複数登録することをオススメします。

1社だけだとアドバイザーとの相性が合わなかったときに辛いし、1社だけだとそもそもどのエージェントが合っているのかもわからない。

なので総合型エージェント2社、特化型エージェント2社を登録して、試しながら1〜2社に絞っていくのがいいです。

特化型エージェントを紹介した記事はこちら

第二新卒におすすめの7つの転職エージェント

専門卒が利用すべき転職サービス12選と転職に学歴が関係ない理由

フリーターでも正社員になれる!おすすめ就職エージェント6選

櫻田制作所

企業のホームページ、ランディングページなどデザインからコーディングまで行うことができます。お問い合わせ・ご相談は無料で行なっているので、お気軽にご連絡ください。



スポンサードリンク