「新卒で入ったばっかだけどつらい」そんな君へ伝えたいこと


スポンサードリンク

「新卒で入社したばかりだけどもう辞めたい」

「想像していたのと違う」

「残業が嫌だ」

ぼくもみなさんと同じで新卒で入って半年も経たないうちにこの会社合っていないなあと思ってしまいました。

偉くなればなるほど残業が多くなっちゃうし

仕事もそんなに面白くないし

出世しても給料よくないし

って感じで毎日不満だらけでした。

なら辞めればいいじゃんと、言う人もいるでしょう。

辞めたいのは山々なんだけど辞めた後、どうすればわからないんですよね。

 

まずは自分がどんな生き方をしたいのか考えることから始める

日本の会社って残業が多いから会社の世界が全てになってしまいがちです。

プライベートや趣味はおまけで仕事が全てみたいな感じ。

本来は仕事も自分の生活いや、人生の一部でしかないのです。

仕事もプライベートも趣味も全部自分が楽しく生きるための手段です。

だから、まずは自分がどんな生き方をしたいのかを考えることです。

それがわかればあとは手段は自然に決まるんですよ。

 

例えばこんな感じ

ぼくならこんなふうに辞めた後のことを考えます。

 

ぼくは人から支持されたことを長時間やらされるのは苦痛です。

あと、夜行性ではないので残業とか無理ですね。

残業させられて体を壊したことがあります。

 

日本って残業とか長時間労働が当たり前だから日本でずっとサラリーマンをやるのは無理です。

なので、ぼくは自力で稼ぐスキルをつけるためにブログ運営とWebサイト制作の勉強をしています。

ブログは不労所得の要素があるし、Webサイト制作は単価も高いだけでなく需要もあります。

ブログは軌道に乗れば収益性が高いですが、軌道に乗るまで時間がかかるのでWebサイト制作で補う作戦ですね。

このWeb系で独立している人にいっぱい会ってきたので十分現実的です。

だからぼくがもし転職するならWebサイト制作をやらせてくれる会社にしますね。

そこでスキルを身につけて独立できるようにします。

 

こんなふうに自分がしたい生き方に対して逆算していくと次に取るべき行動が見えてきます。

 

今は第二新卒でも転職しやすくなっている

会社を辞めたいと考えているのであれば、第二新卒として転職することも考えてみよう。

 

昔は第二新卒というと、会社をすぐ辞めるイメージで転職が大変でした。

しかし、今は人手不足で第二新卒のニーズが増えていることもあり、第二新卒を専門に扱う転職エージェントが出てくるほど環境が整っています。

企業側も若くて環境適応能力が高い第二新卒に数年後に戦力になってくれることを期待しています。

第二新卒ナビという第二新卒専門の転職エージェントを取材した際もお問い合わせが中小企業だけでなく大手企業からもくるようになっていると言っていました。

それだけ第二新卒の転職が一般的になっているんです。

 

第二新卒ならキャリアチェンジも十分可能

第二新卒はまだ20代前半なので他の転職と違って、未経験の業界や職種でも転職ができるんですよ。

極端な話、美容師からエンジニアに転職することだって十分可能です。

これは若い第二新卒だからこそできる転職であり、第二新卒の最大のメリットです。

特に今の仕事そのものがあっていない人は有効に使いたいところ。

 

まずは転職エージェントで相談しよう

転職エージェントでは無料でキャリア相談をやっています。

「自分の強みがわからない」

「どんな仕事が向いているかわからない」

「今本当に転職していいのか」

このように転職するかどうか迷っている人でもコンサルが客観的な意見とアドバイスをくれます。

また、実際に転職することになっても大いに役に立ちます。

求人紹介、書類添削、面接対策、日程調整、年収交渉などサポートしてくれます。

下に第二新卒向けの転職エージェント紹介した記事のリンクを貼りました。

今の働き方を変えたい人は必ずチェックしましょう。



スポンサードリンク