第二新卒って学歴が重要?取材経験をもとに考えてみる


スポンサードリンク

第二新卒で転職を考えているけど、学歴が低いと転職が不利なのではないか?

そう考える気持ちはよくわかります。

でも、安心してください。

第二新卒の転職では、そこまで学歴を気にする必要はありません。

「本当かよ?」って思った人もいるかもしれませんね。

これからする話は転職エージェントの現役アドバイザーから聞いた話です。

 

第二新卒の転職で学歴を気にする必要がない理由

第二新卒って社会経験が多くても3年しかない人です。

なのでそもそも第二新卒は即戦力になる人材が少ないんですよ。

だから、第二新卒を採用している企業は即戦力やスキルに関して多く期待をしていません。

第二新卒に期待しているのは数年後に会社の戦力になってくれる人材です。

だから一番求められるのは素直さや成長意欲です。

学歴で素直さと成長意欲は測れません。

つまり、ポテンシャルというか、いわゆる人間性がキーワードになってきます。

 

経歴がダメなことがいけないんじゃなくて、失敗原因を考えなことがダメ

学歴を気にしている人のダメなとこは学歴を気にしていることなんですよ。

過ぎてしまった過去をいつまでも悔やんで

「どうせ学歴が低いから」と、自分を卑下しても何も変わりません。

第一志望の大学に行けなかったのであれば、どうして上手くいかなかったか考えたことはありますか?

今の会社がミスマッチならどうしてミスマッチの会社に入ってしまったのか考えたことがありますか?

失敗したことだけに落ち込んで、原因を解明しなければまた同じ失敗を繰り返してしまいます。

自分の失敗原因を考えらない人は「また同じ失敗を繰り返してしまうのでは?」と、企業側も考えてしまいます。

退職理由を聞かれて答えられない人って失敗した原因を考えられていないんですよね。

 

もし自分が転職活動をするなら

よにはFランと言う言葉がありますが、ぼくは大学を出ていません。

大学受験をしましたが全部落ちてしまいました。

学力はFラン以下です。

おまけに新卒の就職活動では「親会社がメガベンチャーで何となく周りに自慢できそう」という理由で入社して見事にミスマッチを起こしました。

そんなぼくの失敗の原因は会社のブランド性とかステータスで転職活動をしてしまったことです。

自分がどんな生き方がしたくて、そのためにどんな働き方したいのかを考えなかったのが失敗原因です。

だからぼくが転職活動をするなら最初にやるのは求人票に目を通すことでなく、どんな生き方がしたいかを考えることです。

ぼくがしたい生き方は好きな時間と場所で生きる生き方です。

だからフリーランスになるためのスキルが身につく会社に応募しますね。

具体的に言うとIT系の会社にします。

Web制作やプログラミングスキルを必要としてる案件はフリーランスの単価も高いし、PC一つでできるからね。

 

これなら面接でもアピールできそうですね。

こんなふうに自分の失敗原因を考えるとやるべきことが見えてきます。

ぜひ、やってみよう。

 

まとめ:学歴じゃなくてこれからのことを考えよう

企業が求めているのは学歴じゃありません。

将来成長して戦力になってくる人材を探しているので、成長意欲と素直さを求めているんです。

第二新卒の転職で悩んでいるなら、転職エージェントを使ったほうがいいですよ。

転職エージェントはキャリアカウンセリング、書類添削、面接対策、日程調整、年収交渉まで手厚くサポートしてくれます。

第二新卒の人は必ず下の記事も読みましょう。下の記事では第二新卒専門に扱っているエージェントと相性のいいエージェントを紹介しています。

櫻田制作所

企業のホームページ、ランディングページなどデザインからコーディングまで行うことができます。お問い合わせ・ご相談は無料で行なっているので、お気軽にご連絡ください。



スポンサードリンク